就活がうまくいかない人に共通する特徴とその対策

#就活 #うまくいかない

就活がうまくいかない方には、共通点が複数あります。共通点から自分の課題を特定して適切な対策を取ることが、就活成功への近道です。
当記事では、「就活がうまくいかない」と悩む方へ向けて、期待通りの成果を得られない理由を紹介します。理由に応じた対策も紹介しているので、理想の企業に就職したい方は参考にしてください。

目次

就活がうまくいかない人に共通する特徴

就活がうまくいかない人に共通する特徴とその対策

就活がうまくいかない方には、目的が不明瞭、事前の情報収集不足といった共通点があります。エントリー数が少ないことや十分に面接対策していないことも、内定を遠ざける要因です。
就活がうまくいかない方に見られる共通点を以下でより詳細に把握し、自分の課題を特定しましょう。

就活の目的が定まっていない

就活の目的は、学生によって異なります。「自分は何を目指しているか」が不明瞭なまま活動しても就活に身が入らず、内定につながりません。親や友人の意見を参考にした結果、目的を見失ってしまった場合も同様です。
就活の目的を見失っている方は自分の理想とする仕事・給与・企業風土などを今一度考えて、軌道修正する必要があります。親や友人の意見は参考程度に捉えて、主体的な行動を取ることも重要です。

自己分析が足りない

面接がうまくいかない方は自己分析が足りず、自分を売り込むための強みを正しく認識できていない可能性があります。自分の強みが不明なままだと、説得力のある自己PRを行えません。結果として一緒に面接を受けている学生と比較され、内定をもらえないケースがあります。

業界研究・企業分析が足りない

業界研究・企業分析が後手になると、選考が進んだタイミングで後悔し、就活をやり直さなければならない状況になりえます。さらに、業界研究や企業分析の不十分さは、志望動機が薄くなる原因です。業界や企業に関する知識が足りない状態で面接に臨むと咄嗟の質問に対応できず、「志望度が低い」と判断されるケースもあります。

エントリー数が少ない

希望条件が極端に細かい、こだわりが強いなどの理由でエントリー数が少ないことも、就活の成功を妨げる要因です。エントリー数が少ないほど内定をもらえる可能性は低下するため、希望通りの入社先探しに苦労する方もいます。
これは極端な例ではあるものの、第1志望の企業にしかエントリーしないとその企業で不採用になった場合、就活に行き詰まります。特定業界の大企業のみに絞って就活する場合も選択肢が狭まることから、考え方の切り替えが必要です。

面接の対策が足りない

面接の対策が足りていないことで、就活がうまくいかない方もいます。面接で質問される内容はある程度決まっているため、十分な対策を取った上で当日を迎えれば、スムーズに回答することが可能です。
ただし、十分な対策を経ても、暗記した回答をそのまま伝えた場合には、「柔軟性がない」と判断されて不採用になるリスクがあります。内定をもらうためには面接官の質問をよく聞き、用意してきた回答をアレンジするといった臨機応変さも必要です。

失敗から学べていない

就活がうまくいかない方の多くは不採用の原因を考えたり改善点を探ったりすることなく闇雲に行動した結果、同じポイントでつまずきます。書類選考や面接で不採用になった場合、何らかの要因があるはずです。原因を考え、新しい取り組みをしなければ、内定にはつながりません。
失敗から学びを得るためには不採用になった事実を悲観せず、前向きに捉えて、新しいアプローチを検討しましょう。「失敗も学びの一部」と考えて前向きに行動すれば、より自分に合う企業へと入社できる可能性も出てきます。

就活がうまくいかないと感じる人は何社落ちている?

「就活がうまくいかない」「つらい」と感じるときには、他の学生の状況が気になることもあるはずです。就職みらい研究所「就職白書2024」の公表データによると、学生は平均28.12社にプレエントリーしています。エントリーシートや履歴書を提出する企業の数は、平均12.71社です。そのうちの平均2.61件から内定をもらいます。

参照元: https://shushokumirai.recruit.co.jp/wp-content/uploads/2024/04/hakusho20240220_03.pdf

つまり、一般的な学生は平均10社以上に落ちています。「就活がうまくいかない」「お見送りばかりだ」と感じたときには「自分のみではない」と割り切り、前向きに対応しましょう。

就活がうまくいかない人がやるべき対策

就活がうまくいかない人に共通する特徴とその対策

就活がうまくいかない方は自己分析の見直しや入念な面接対策と業界研究などに取り組み、問題点の解消を図りましょう。第三者のサポートを受けて効率的に就活を進めたい場合は、就活エージェントに相談する方法もあります。
就活がうまくいかないときに実践できる対策を以下で詳しく確認し、状況の改善につなげてください。

自己分析を見直す

就活がうまくいかないときには原点に立ち返り、自己分析の結果を見直しましょう。改めて自己分析する場合は自分史を作成し、誕生から現在までの半生を振り返ります。
再度の自己分析によって、好きなことや努力したことを確認すると、自覚できていなかった長所や強みの発見が可能です。発見した長所や強みは自己PRに反映させ、自分の魅力を正しく企業に伝えましょう。

就職先の視野を広げる

過去の自分の応募履歴を分析すると、エントリー数が少ない、大手に偏っているなどの問題が発覚することがあります。問題を解決するためには視野を広げ、エントリー先の候補を今一度探しましょう。
目指す職種が明確に決まっている場合には、同様の仕事を担当できる他の業界の企業に目を向けると、選択肢を広げられます。第一志望が決まっている場合は、関連企業やライバル企業に目を向けるのも一案です。

業界研究・企業分析を入念に行う

業界研究や企業分析を入念に行えば志望動機の内容が深まり、咄嗟の質問に対しても説得力ある回答を導き出せます。業界研究や企業分析はビジネスモデルを知るなど、浅く広い内容から取り組むことが基本です。そのような基本的内容を把握した後は一歩進んだ業界研究や企業分析として、「希望の仕事に携われるか」「今後の成長は見込まれるか」「安定したビジネスか」などを検討しましょう。
効率的に業界研究や企業分析を行うためには、大学などで実施される業界研究セミナーに参加する方法もあります。UターンやIターン就職を考えている場合は、自治体主催の業界研究セミナーへ参加することもおすすめです。

面接時のマナーやコミュニケーションを見直す

就活の面接では、「基本的なビジネスマナーが備わっているか」もチェックされます。不採用が続いてしまうのであれば、身だしなみのルールから好印象を与える振る舞いまで、面接におけるビジネスマナー全般を見直してください。
ビジネスマナーに大きな問題が見つからなかった場合は、面接中のコミュニケーションや受け答えの内容を見直しましょう。第三者を交えた面接練習を繰り返し、コミュニケーションテクニックを磨けば、咄嗟の質問に対しても落ち着いて回答できます。「自己PRの内容が浅い」と感じる場合は、自己分析結果をもとに軸のある回答を考えるほか、具体的なエピソードを話せているか、確認することが大切です。

就活エージェントに相談する

就活がうまくいかないときに自分の問題点を探って改善を図ることは、大変な作業です。ひとりで行う就活に行き詰まったときには就活エージェントに相談し、プロのサポートを受けましょう。
LHH就活エージェントでは無料の就活支援サービスとして、キャリア相談・厳選求人の紹介・オンリーワンのES添削と面接対策などを提供しています。また、紹介企業の面接については、合格時も不合格時も理由を企業から聞いて学生にフィードバックしているため、面接に落ちた(受かった)要因を確認してブラッシュアップしてから次の面接に向かうことができます。LHH就活エージェントについてより詳しく知りたい方は、以下を参照してください。

就活がうまくいかなくても気にし過ぎない

就活がうまくいかない人に共通する特徴とその対策

人生100年時代とも言われる現代では、就活の失敗を挽回するチャンスが多くあります。友人が内定をもらっても過剰に気にせず、自分のペースを守りましょう。
就寝時間を削って面接練習に励んだり書類を作成したりしても、よい成果を得られるとは限りません。多くの場合、心身の健康を意識した生活リズムで活動したほうが内定に近づきます。

まとめ

就活がうまくいかないときには不採用になった理由を考えて、一歩進んだ自己分析に取り組んだり業界研究・企業分析を入念に行う必要があります。学生は平均10社以上に落ちるため、不採用になったこと自体は過剰に気にせず、前向きに対処しましょう。
ひとりで行う就活に不安を感じる場合には、LHH就活エージェントにぜひ相談ください。LHH就活エージェントでは入社後のキャリアまで見据えた上で、現在の状況に合う親身なサポートを提供します。

就活ノウハウ に戻る

就活支援の経験豊かなコンサルタントが、あなたの就職活動を無料でサポートします

2023年 オリコン顧客満足度Ⓡ調査 就活エージェントランキング  紹介企業 第2位

2023年 オリコン顧客満足度Ⓡ調査

就活エージェントランキング
紹介企業 第2位 ※1

詳細はこちら>>

就活支援の経験豊かなLHHのコンサルタントが、あなたの就職活動を無料でサポートします

※1 2023年 オリコン顧客満足度®調査 就活エージェント 紹介企業ランキング